不動産コンサルティング・産業団地や大規模開発はアズライト > アズライトの従業員ブログ記事一覧 > 不動産の原価償却について

不動産の原価償却について

≪ 前へ|国土交通省にて不動産媒介報酬額の見直し   記事一覧   不動産取引での登録免許税について |次へ ≫

不動産の原価償却について

不動産の減価償却について説明します。




減価償却とは


減価償却(げんかしょうきゃく)は、固定資産の取得にかかる費用を、その資産の使用可能期間にわたって配分する会計手法です。具体的には、建物や設備などの固定資産の価値が時間とともに減少することを会計上で認識し、その減少分を経費として計上します。これにより、資産の取得費用が長期間にわたって分散されます。


不動産の減価償却の基本


不動産のうち、減価償却の対象となるのは建物や設備であり、土地は減価償却の対象外です。これは土地が時間とともに価値が減少しない(むしろ増加することが多い)と見なされるためです。

減価償却の方法


日本では、減価償却の方法として以下の二つが一般的に用いられます。


  1. 定額法

    計算式:

    年間減価償却費=取得価額耐用年数\text{年間減価償却費} = \frac{\text{取得価額}}{\text{耐用年数}}

  2. 資産の取得価額をその耐用年数で割って毎年同じ額を償却する方法です。計算がシンプルで安定した償却額を計上できます。


  3. 定率法

    計算式:

    年間減価償却費=帳簿価額×償却率\text{年間減価償却費} = \text{帳簿価額} \times \text{償却率}

  4. 帳簿価額とは、取得価額からすでに償却された額を引いた残額です。



  5. 初年度の減価償却費を高く、年々減少させていく方法です。初期に大きな経費を計上することで、資産の早期使用のコストを反映します。


耐用年数


耐用年数は、資産が経済的に使用可能と見なされる年数のことを指します。これは国税庁によって定められており、建物の種類や用途に応じて異なります。例えば、木造建物の耐用年数は22年、鉄筋コンクリート造建物の耐用年数は47年とされています。


実務上の手続き


  1. 資産の取得価額を確認する
  2. : 購入価格に加えて、購入に関連する費用(登録費用、手数料など)も含めます。

  3. 耐用年数を確認する

  4. : 国税庁の基準に従って、対象資産の耐用年数を確認します。

  5. 減価償却の方法を選択する
  6. : 定額法か定率法を選びます。

  7. 毎年の減価償却費を計算する
  8. : 定めた方法に従って減価償却費を計算し、帳簿に記載します。

減価償却のメリット


  • 節税効果:
  •  減価償却費は経費として計上されるため、課税所得が減少し、結果として税負担が軽減されます。

  • キャッシュフローの管理:
  •  実際には現金の流出がない減価償却費を経費として計上できるため、キャッシュフローの改善に寄与します。



不動産の減価償却は複雑な会計処理を伴いますが、適切に行うことで企業や個人の財務管理において重要な役割を果たします。具体的な手続きや詳細については、丹波篠山市吹新のアズライト株式会社にご相談をお勧めします。

≪ 前へ|国土交通省にて不動産媒介報酬額の見直し   記事一覧   不動産取引での登録免許税について |次へ ≫

 おすすめ物件


三木市吉川町貸潮 事業用地

三木市吉川町貸潮 事業用地の画像

価格
1億5,000万円
種別
売地
住所
兵庫県三木市吉川町貸潮
交通
ウッディタウン中央駅
徒歩194分

丹波篠山市岩崎 倉庫付き古民家

丹波篠山市岩崎 倉庫付き古民家の画像

価格
1,550万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県丹波篠山市岩崎
交通
篠山口駅
徒歩34分

丹波篠山市野中 中古戸建

丹波篠山市野中 中古戸建の画像

価格
950万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県丹波篠山市野中419-23
交通
篠山口駅
徒歩58分

丹波篠山市油井 分譲地

丹波篠山市油井 分譲地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
兵庫県丹波篠山市油井
交通
草野駅
徒歩18分

トップへ戻る